痛いのはイヤ!医療脱毛クリニックの痛みについて

医療脱毛クリニックの痛みについて
医療脱毛クリニックの利用を考えるに当たり機になるのが「痛み」です。スッキリきれいなつるつる肌が手に入るとしても施術に痛みが伴うとなれば通うのをためらってしまいます。

キレイになるためなら多少のことは我慢できますが、医療脱毛クリニックの痛みはどの程度なのでしょうか。

医療脱毛の痛みはとても軽い

結論から申し上げると、医療脱毛施術の痛みはとても軽くほとんどの人が無理なく施術を受けられるレベルです。

医療脱毛には専用の医療用レーザーやフラッシュ脱毛マシンなどの装置が使用されますが、どの装置も施術時の痛みはごくわずかです。

脱毛が痛いというイメージは初期の頃に利用されていた電気針が強く影響しています。毛根を一つ一つ焼ききる強い痛みを伴う施術の印象が大きいため、今でも医療脱毛は痛いものというイメージが根強く残っています。

現在の医療脱毛では皮膚に影響を与えずムダ毛とその毛根のみを除去する方法で脱毛が行われているので、施術路に強い痛みが発生することはありません。

ほとんどの人は皮膚への影響が全く見られないまま脱毛施術が完了します。痛みを感じる方も刺激を感じる程度で、我慢できない程の強い痛みが見られるケースはまれです。

痛みについて過剰に警戒する必要はありません。

医療脱毛が痛くない理由

医療脱毛は施術時にほとんど痛みがありません。医療脱毛が痛くない理由としては以下の通りです。

痛みの少ない原理を用いて脱毛している

現在医療脱毛で主流となっているのは黒色のみに反応するレーザーやフラッシュを用いて脱毛を行う方法です。

この方法ではレーザーやフラッシュはムダ毛の黒色のみに反応して影響をあたえるので、黒くない皮膚には全く影響がありません。

皮膚には熱や刺激もなくムダ毛のみを取り除けるので痛みを感じることなくきれいな肌が手に入ります。

施術部位によって数種類の技術を使い分けている

レーザーやフラッシュはムダ毛のみに反応しますが、ホクロや色素沈着など色の濃い部分に刺激を与えてしまうのは避けられません。

医療脱毛クリニックでは皮膚への刺激を最小限に抑えるために施術部位によって使用するマシンや施術方法を使い分けています。

ワキなど皮膚がうすく刺激に敏感な部位には反応を抑えめにしたマシンで施術を行う、細く繊細で色の薄い産毛が多い顔の脱毛には出力を高めたレーザーを使用するなど部位ごとの特徴に合わせた技術を用いることで痛みを抑えつつ効果的に脱毛を行います。

皮膚に与える影響を最小限に抑えられるよう技術を磨いている

同じマシンを使用しても施術者の技術レベルにより利用者が感じる痛みは異なります。痛みの少ない最新のマシンによる脱毛施術でも担当者の技術が不足していると痛みを感じることがあるため、クリニックの施術担当者は日々技術向上に励んでいます。

多くの医療脱毛クリニックではスタッフが率先して医療脱毛施術を体験しています。

実際に医療脱毛を体験することで痛みのレベルや脱毛効果を体感し、より少ない痛みで高い効果が出るようスタっす自らを実験台に技術を磨いています。

自分が体験してみて痛みが強いと感じた施術があればすぐに改善されるので、利用者が我慢できないほどの痛みを強いられることはありません。

医療脱毛の痛みに警戒心を抱くのは当然です。いくら綺麗になれるとはいえ強い痛みは避けたいものですし、我慢できないほどの痛みがあれば通い続けるのも困難です。

実査の医療脱毛では痛みはほとんどなく、仮に痛みを感じたとしてもほとんどはごく軽い刺激程度です。痛みを怖がる必要は全くありません。不安なときはクリニックに相談しましょう。

麻酔クリームや施術部の冷却などの処置で痛みを軽減してくれるので気軽に相談してください。